ようこそ!中田屋茶舗ホームページへ


相撲の街、江戸の下町・"両国"に店を構えて160年。

江戸っ子気質と厚い人情の中、歴史とともに長い年月お客様にかわいがって頂き、今日に至ります。

 

中田屋がたくさんのお客様にも見ていただけるようにとホームページを作成いたしました。お茶の種類や楽しみ方、各種イベントなど様々な情報を発信してまいります。どうぞ、ごゆっくりご覧ください!


中田屋茶舗 本店 

〒130-0026

東京都墨田区両国4-1-12

TEL 03(3632)1122 / 03(3634)5537

FAX 03-3632-1182

営業時間:9時~19時

休日: 日曜日。祭日

 

中田屋茶舗 支店

〒130-0026

東京都墨田区両国4-32-13

TEL 03-3634-5538

営業時間:9時~19時

休日: 日曜日。祭日

 



ロースとティー

おはようございます。昨日はスイスからのお客さま。私はローストティーが嫌い。これはロースとティーではないでしょ?と何度も何度もロースとティーは嫌だ。嫌いだ。とジェスチャ-も交えて言っていました。どこで、どんなロースとティーを飲むとあそこまで嫌いをアピールすることになるのでしょう??

英語力があれば聞けたのに (・∀・)

 ロースとティー以外は何の問題もない、優しい方でした。んんんん。

ロースとティーは焙じ茶の事です。

違い

おはようございます。「鹿児島の新茶」と「靜岡の新茶」どう味が違うんですか?

良くきかれます。んんんん。品種が違う。味がちがうんです。

んんんん。例えるとダージリンとアッサム。みたいな感じかな。。

飲んでみると「あっ鹿児島だ。」と思うし。いつも飲み慣れている味。「静岡茶」と思います。

スミマセン。ハッキリ味は違います。お好みはどちらでしょうか?飲んで見て下さい。m(_ _)m

 

6月になると産地別のお茶が入荷します。これならしっかり特長をお伝え出来ます。

 

 

0 コメント

比べてみました。きにんだて。

おはようございます。せっかくなので店にある抹茶用の貴人点(きにんだて)と比べてみました。

 大きな違いは「高さ」です。

煎茶の方がスッと、高いです。

 お茶を飲む場面の違いが高さの違いになったのでしょうね。

 では、どちらが最初にこの形を考えたのでしょうか?

それとも、同時期でしょうか?

 縦社会の相手を敬う日本人の文化が生み出したのか?

外国文化の流れなのか?それとも、特定地域の風習文化の流れでしょうか?

あー、私が学生なら夏休みの自由研究になるのにな~。

*手前の朱色は根来塗り。お茶碗は天目茶碗の写しです。

 

0 コメント

きにんだて。

おはようございます。これ何か分かりますか?

 昔?偉い方に出す時の台とお茶碗と蓋です。きにんだて(貴人点)。

 昔の時代劇には使われていました。

 

この品物はお客様が骨董屋で見つけて「おたくにピッタリだから。」と、遠くからわざわざ持ってきて下さいました。

茶道具の貴人点の台はいまでもお点前であるので当店でも売っています。

しかし、煎茶の本物ははじめてです。今の時代はごく限られた所でしか使われていないでしょうね。塗がしっかりしていて時の流れがわかります。

 当店にお越しの際は是非手にとって御覧ください。

リクエスト有ればこちらでお茶をお出しさせていただきます。(#^.^#) 

 骨董屋さんでこれを見て、当店を思い出してくれとは有難い。商売みよりに付きます。

 櫻井さん。貴重な物をありがとうございました。

 

 

ジヤズですよ。

おはようございます。また新しい週が始まりました。

昨日は、ひょんなことからジャズボーカルセッションのセミナーに4,500円払って参加してきました。笑っちゃうよね。(・∀・)

 産まれて初めて、自分の為にナマのピアノを弾いて頂きながら一人で歌いました。曲はL・O・V・E。イヤ~気持よかった~。ハマりそうです。

 ジャズの世界はアメージングでした!

 え~? ジワジワ興奮がリメンバーですが、もうやらナイナイ(#^.^#)♪ でも、また、生ピアノで歌いたい~♪

 

柳瀬さん:ステキなお誘いを有難うございました。(#^.^#)♪

  

さあ、今週もハリキッテ生きましょう!