ようこそ!中田屋茶舗ホームページへ


相撲の街、江戸の下町・"両国"に店を構えて160年。

江戸っ子気質と厚い人情の中、歴史とともに長い年月お客様にかわいがって頂き、今日に至ります。

 

中田屋がたくさんのお客様にも見ていただけるようにとホームページを作成いたしました。お茶の種類や楽しみ方、各種イベントなど様々な情報を発信してまいります。どうぞ、ごゆっくりご覧ください!


中田屋茶舗 本店 

〒130-0026

東京都墨田区両国4-1-12

TEL 03(3632)1122 / 03(3634)5537

FAX 03-3632-1182

営業時間:9時~19時

休日: 日曜日。祭日

 

中田屋茶舗 支店

〒130-0026

東京都墨田区両国4-32-13

TEL 03-3634-5538

営業時間:9時~19時

休日: 日曜日。祭日

 



いつ?・ω・?

おはようございます。「青い空」。「マブシイ朝日」。日曜のゆったりとした贅沢感には最高の演出です。

 明日は大安で数霊も良く、週明けのスタート。財布の使い始めや、物事のスタートに最高に良い日だと看板で見かけました。新しくお財布を使うと縁起が良いなら今日買いに行かなくては。。でも、お財布のスタートはお金を入れた時?

家からお財布を持ちだした時?お金を払った時?選択肢を作って悩むAB型です。

松本先生:コメントを有難うございます。先生の功績と足跡はしっかり根付いていますね。(*^^*)

注)松本先生は趣味で写真の精巧なミニチュア茶道具を作られた私学校の先生です。

 

 

 

 

0 コメント

回っている~(・∀・)~。

おはようございます。ビックリした!!

目がさめて、目が回った!エルシーアイの清水さん。ホームページをリニューアルして頂き、翻訳機能の次は目が回るような動画です。月曜の打ち合わせの後はどうなっちゃうのかしら?

 朝からビックリしすぎ!パソコン苦手、英文字変換苦戦のガラ携の私は頭がついていけません。

ホームページやパソコン業務の相談はエルシーアイの清水さんに相談してはいかがでしょうか?

  *予定変更。抹茶のブログはまた後日。・ω・: *

 

松本先生:茶道部で抹茶を沢山お買い上げ頂きました。ありがとうございました。

1 コメント

春街ち・茶 (^_-)☆

おはようございます。春の暖かさと春のニオイが吹きあれる朝です。今は3月と錯覚してしまいます。

 「昨年の新茶」の蔵出し。と聞いて古く感じますか?

春の新芽(一伸二葉)を摘んだ茶葉を、

・新茶用に仕上げたお茶(新茶)

・一年飲み続ける為のお茶(荒茶)

2通りに仕上げて行きます。

一昔前:新芽の香りを楽しむ、火のあまり入っていない新茶はいたみやすく、春の一時、まさに「旬の物」でした。

今:保管技術(冷凍、冷蔵)が上がり,その年の新茶の状態で冬に飲む事ができるんです。

新茶の軽やかさにコクが加わります。

さて、今年のお茶の葉の成長はどうかしら?と、お茶屋はこの「春待ち茶」を見るたびに、今年の新茶の出来に胸が踊ります。

T◯店長様:ご注文有難うございます。本日、お預かりの品を同封して送らせて頂きます。

 

 

0 コメント

春は来る。

おはようございます。今日は春の陽気だそうです。

沈丁花の香りをカグと「はっ!」として香りの元を探してしまいます。

 さて、この「春待ち茶」中身は昨年の新茶の蔵出しです。合格祝、初節句、等々この時期ならではのプレゼントにいかがでしょうか(*^^*)

 100g1080円 時の経過が新茶仕上げの茶葉の旨みを引き出しています。

0 コメント

どうなっちゃうの?

おはようございます。ねー、気が付きましたか?まだリニューアル中ですが、翻訳機能付いてます!ねー、スゴくない?ねー、私の感性を英訳出来るかな?(p_-) て言うか、ホームページをお世話になっているエルシーアイの清水さんはスゴくない?

 毎日英語の勉強ができますね。私はんんんん。

 うちのホームページはどこまで進化するのでしょうか?

【春待ち茶】売っています。

0 コメント